さいたまの引越しで一番安い業者は?

埼玉の引越し支援制度ってどんなもの?詳細を知りたい!

突然ですが、埼玉の引越し支援制度ってどんなもの?詳細を知りたい!と困っていませんか?

  • 埼玉の引越し支援制度とは?
  • 埼玉県のどの地域に引越し支援制度があるの?
  • 引越し支援制度を利用する場合の注意点は?

この記事でこれらの悩みを全て解決します!

 

埼玉の引越し支援制度とは?

 

埼玉県は東京都の北側に位置しており、東京のベッドタウンとして有名な地域です。その反面、川越のような古い町並みを残した名所や秩父のような自然豊富な地域もあります。しかし、一部の地域では過疎化が深刻な問題となっています。埼玉県ではこの問題を解決するために各地域の特性を生かした引越し支援制度を設け、多くの人に居住してもらうために様々な努力をしています。

 

引越し支援制度の内容は各自治体によって異なります。子育て世帯が住居を購入する場合に一定の条件を満たすと有利な融資を受けられる制度や、指定の地域に住宅を購入すると100万円の補助金が出るケースもあるので、住んでみたい地域に支援制度がある場合はよく調べてみると良いでしょう。

 

埼玉県のどの地域に引越し支援制度があるの?


埼玉県ではかなり多くの自治体で引越し支援制度を行っています。その一例をご紹介しますので、埼玉県に移住を考えている方は参考にしてみてください。

 

寄居町

埼玉県北西部、大里郡にある寄居町では「寄居町定住促進補助金」を制度化しています。子育て世代や3世代で寄居町に引越しを考えている場合は利用を検討してみましょう。

 

支援の内容と対象者

【目的】

寄居町でゆとりある生活を送れるようサポートし、地域活性を図る。

【支援内容】

寄居町に引越し、150㎡の新築住宅を購入する場合に以下金額を支給(期限・平成30年3月30日まで)

  • 子育て世帯:40万円
  • 40歳未満の方:30万円

下記条件に当てはまる世帯には上記金額に加算があります。

  • 地域加算(寄居駅周辺に住宅を購入する場合):10万円加算
  • 3世代同居(親世帯と同居する場合):10万円加算
  • 親世帯の近居に居住(親世帯から1km以内の場所に新居を構える場合):10万円加算

【対象世帯】

この制度は熊谷市への定住の意思を持つ子育て世代で以下の条件を満たした世帯が利用可能です。

  • 子育て世帯
  • 40歳未満の方
  • 転居前に他の市町村に3年以上住んでいた方
  • 町税等の滞納がない方
  • 過去に定住促進補助金を受けていない方

※上記を全て満たす方が対象

 

熊谷市

埼玉県北部にある熊谷市では「多子世帯による住宅取得支援」を行っています。子供が3人以上いる家庭で熊谷市に引越しを考えている場合は利用を検討してみましょう。

 

支援の内容と対象者

【目的】

熊谷市の子育て支援と人口増を促進し、地域の活性化を図る。

【支援内容】

熊谷市に引越し、住宅を新築または中古で購入する場合に以下金額を支給(期限・平成30年3月15日まで)

  • 新築分譲住宅の取得:50万円
  • 中古住宅の取得・リフォーム:50万円

【対象世帯】

この制度は熊谷市への定住の意思を持つ子育て世代で以下の条件を満たした世帯が利用可能です。

  • 子が3人以上(母子手帳の交付を受けている出産予定の子を含む世帯)
  • 子が2人以上(夫婦共に40歳未満で3人目の子を希望する世帯)

※子は18歳未満。平成30年3月31日までに18歳になる子も含む。

 

長瀞町

秩父地方の長瀞町では「長瀞町定住促進事業住宅取得奨励補助金」の支援制度があります。長瀞町に引越しして移住を考えている場合は利用を検討してみましょう。

 

支援の内容と対象者

【目的】

長瀞町の人口減少を抑制するために、子育て世代を中心とした定住者を増やし地域の活性化を図る。

【支援内容】

長瀞町に引越し、住宅を新築または中古で購入する場合に以下金額を支給(期限・平成29年度まで)

  • 新築住宅の取得:50万円
  • 中古住宅の取得:20万円

下記条件に当てはまる世帯には上記金額に加算があります。

  • 新婚世帯及び子育て世帯で新築住宅を購入する場合:30万円加算
  • 新婚世帯及び子育て世帯で中古住宅を購入する場合:30万円加算
  • 建設工事等競争入札参加資格者名簿に登載された業者:20万円加算
  • 長瀞町小規模契約希望登録された業者:20万円加算

【対象世帯】

この制度は長瀞町への定住の意思を持ち、市町村民税等の滞納がない方を対象としています。その他にも以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 新婚世帯で夫婦のいずれかが40歳未満である婚姻後5年を経過していない世帯
  • 15歳に達する日の属する年度の末日までの間にある子を扶養している世帯
  • 長瀞町外に3年以上居住した後に長瀞町に新規転入する世帯

 

埼玉県の引越し支援制度をチェックしよう

埼玉県には上記以外にも多数の引越し支援制度があります。詳細は下記↓↓リンクから確認できますので、気になる自治体の支援制度内容をよくチェックしてみましょう。

  • 移住・定住情報(埼玉県公式サイト)
  • 埼玉県北部地域移住・定住交流サイト
  • 埼玉県移住相談窓口一覧
  •  

    引越し支援制度を利用する場合の注意点は?


    引越し支援制度はとてもありがたい制度ですが、支援制度の目的をよく理解し規定を守って利用しなければなりません。軽い気持ちで利用してしまうと後々後悔したり、自治体に迷惑がかかることもあります。利用の際は以下の点をよく考えて納得した上で申し込むようにしましょう。

    • お金目的で引越し支援制度を利用しない
    • 家族全員が定住の意思をしっかり持つ
    • 定められた規約や規定をきちんと守る

    お金目的で引越し支援制度を利用しない

    引越し支援制度で交付された補助金は住宅購入などに使わなければなりません。
    お金目的で申し込んだ方の中には補助金を別のことに使用してしまうケースがあります。自治体にこの事実が発覚すれば返金させられるだけでなく、最悪の場合は退去も求められるので注意しましょう。

     

    家族全員が定住の意思をしっかり持つ

    家族全員が埼玉県に移住してそのまま定住する意思を持っているかお互いに確認しましょう。
    • 子供達は転校して新しい土地で頑張れるか?
    • 父や母や周囲の人々と積極的にコミュニケーションを取れるか?
    • 通勤や通学に問題はないか?

    これらの問題をよく話し合ってください。

     

    定められた規約や規定をきちんと守る

    引越し支援制度には細かい規約や規定が定められています。これを1つでも守れないと思った場合は利用しないほうが無難です。
    例えば、支援制度を使用したら5年以上は住み続けることと決められている場合、転勤があっても住み続けることが出来るか?などの問題もよく考えてから申込みましょう。

     

    自分の条件に合えばとてもありがたい引越し支援制度

    埼玉県は都心への通勤圏となる地域を多数有するので、毎年多くの人々が住み移っています。また、都心から少し離れた場所には閑静な住宅街が広がり、緑の多いのどかな環境で暮らすことができます。自分がどんな生活をしたいか?をよく考えたとき、埼玉県に条件とピッタリな地域があればぜひ引越し支援制度を利用してみましょう。